転職を成功させるポイント

転職で収入が約10%上げることができました!

人生一度しかないので1回くらいは転職をしてステップアップしたいと考えており、当時は、40歳まで転職の起源だと思っておりましたので、転職サイトに登録をして活動を開始しました。私が成功のポイントとして思っていることは大きくは下記の3つだと思います。

1. 転職先に自分の実力を証明できる資格を取得すること
2. 転職の理由にはネガティブな理由を決して言わないこと
3. 転職時にはできれば複数社から内定をもらい、自分の市場価格を理解した上で本命の会社と年収の交渉をすること

成功ポイント1) 転職先に自分の実力を証明できる資格を取得すること

転職先に自分の実力を証明できる資格を取得する

4年ほど勤めていた時、ふと、「社内では仕事がそれなりにできるようになったけど、社外の人から見るとアピールできるものではない。」と思い、転職の際に役に立てるように資格を取得しました。

当然ながら、やみくもに取得するのではなく、自分がやりたいことや自分のスキルが証明できるようなものを3~4ほど取得しました。

成功ポイント2) 転職の理由にはネガティブな理由を決して言わないこと


履歴書や面接の対策には、書籍を読んだことや、自分でも前の会社で面接をしたことがあったので、転職される側から見て、「こういわれたらいやだろうな」という点は十分注意しました。

特に、面接時に聞かれる内容としては、間違いなく、「転職の動機」です。仮に前の会社の人間関係がよくなかったからと理由だと、転職先に会社でも人間関係に恵まれるとは限らないので、面接時には良い印象を与えることができません。

自問自答を繰り返して、「自分はなぜ転職したいのか」を考えることが重要だと思います。

成功ポイント3) 自分の市場価格を理解し本命の会社と年収の交渉をする

年収の交渉をする


種類審査も含めると6社ほどでしたが、6社中2社から内定をもらいました。

さらに、本命の会社の最終面接の際、「他社からも来てもらいたいといわれており、「年収○○円で契約させてください」とのことです」と伝えたところ、最終的には他社の金額を上回った金額で本契約することができ、最終的には前の会社の年収と比較すると10%ほど増やすことができました。

まとめ

以上が私が経験した内容です。

一方で、面接の際に、私が失敗したと思ったことが一つありました。それは、本命の会社での初めての面接時に面接時間に少し遅れて行ってしまったことです。

時間に余裕をもって言ったつもりでしたが、面接場所の建物内で迷ってしまい、5分ほど遅れてしまいました。幸いにも採用していただきましたが、時間を守るということは社会人の基本だと思うので、くれぐれも気をつけていただければと思います。

事前に建物内を確認しておければよかったと反省しております。

-転職を成功させるポイント
-,

Copyright© 企業の経営品質について協議する会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.