履歴書・職務経歴書書き方ポイント

転職を成功させるにはまずは書面でのアピールが大切!

新卒採用よりもスキルや能力が重要視される転職活動。
中途採用では、持っているスキルやこれまで携わってきた仕事での業績を確認し、如何に自分の会社に即戦力となる人物かどうかを重要視します。

しかし、まずは書類審査に通らなければ面接まで辿りつけないんですよね。沢山ある履歴書の中でいかに会ってみたい人物だと思わせることが大切です。

そこで、面接へつなげる職務経歴書の書き方をお伝えしていきましょう。

職務経歴書は具体的に「数値化」する

職務経歴書は具体的に「数値化」する

職務経歴書。それはこれまで自分が携わってきた前職での仕事の成果や業績、取り組みを記入するアピールツールでもあります。

営業であれば、営業成績やどういった行動をしてどのような結果につながったのか。
自分の行なった行動に対する結果や効果を必ず数値化して具体的に記入する必要があります。

サービス業であれば、接客経験やお客様に対するホスピタリティへの取り組み方やどのような目標を持って仕事に取り組んでいたのかなどを記入しましょう。

ぼやっとした文面では抽象的すぎて印象には残りません。
面接につなげるには、具体的に目で見てわかるように結果を数値化をする。というのがひとつのキーポイントとなります。

採用担当に興味を持たれるPR文章を

また、書類審査が通過できて、面接審査へと行けた場合は前職での経験や経歴などを言葉で完結に伝えることができるので、 まずは第一審査の書類選考では、職務経歴書に書いてあるこれまでの業績、仕事へ対する取り組み、取り組んだことへの結果、効果を明確に完結にわかりやすく記入すること。そして少しぐらい過剰に書いてもOKです。(嘘を書くのはいけませんよ)

書類を見ている採用担当の方に少しでも興味を持たせること。
少しでも会ってみたいな、一度話を聞いてみたいなと思わせるようなPR文章を書くことが大切です。

面接官や採用担当の方は、求人募集をしている期間は膨大な数の履歴書や職務経歴書に目を通します。

すると、やはり多少疲れてくる部分もありますね。ほぼ毎日面接対応や履歴書、職務経歴書のチェック。
ある程度目が肥えてくるのも事実です。

そのため、パッと読んでみて印象に残ったPR分や見やすくてわかりやすい職務経歴書の書き方をしていると目に止まりやすいのです。

ハローワークなどで職務経歴書を添削してもらおう

ハローワークなどで職務経歴書を添削してもらおう

面接へと辿りつくには、まず職務経歴書で自分の強みを具体的に表すと書類審査が通過しやすくなりますよ。

ハローワークなどにいけば、きちんと添削をしてくれるのでそういった施設を利用するのもひとつだと思います。
頑張ってすばらしい職務経歴書を作成してくださいね!

-履歴書・職務経歴書書き方ポイント
-,

Copyright© 企業の経営品質について協議する会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.